ゲーム実況専門動画共有サービス「プレイム」レビュー!

   

株式会社トレンダーズ様が、2015年6月15日にサービスを開始したゲーム実況動画共有サイト「プレイム」(https://plaim.jp/)。
ご縁がありまして、α版から動画投稿する権利をいただけました。

先行体験した者として、即席で使ってみたレビューをしたいと思います。
(後で加筆、編集を行う可能性が高いです!)

画質

「Youtube > プレイム > ニコニコ動画」の順で高画質の動画をアップすることができます。
30分の実況動画を投稿する際の設定を見比べてみました。
(Youtubeに関しては世代を先取りしすぎているため、最大サイズで記載します)

サービス 解像度 指定ビットレート 最大ファイルサイズ
Youtube 8192 x 5760 任意 128GB
プレイム 1280 x 720 2000kbps 500MB
ニコニコ 640 x 360 1000kpps 100MB

 

こうみると、「YoutubeはイカレてるぜHAHAHA」というくらい優秀ですね。

しかし、現代のゲームは据え置き、スマホについても「HD~フルHD」の画質が当たり前になっています。
そのため、ニコニコ動画にアップロードできる最大ファイルサイズが「100MB」というのは、ゲーム実況動画としてはいささか制限が厳しいと見受けられます。

コメント機能

個人的な感想ですが、「ニコニコ動画 > プレイム > Youtube」だと感じています。(※しかし、プレイムについては後述で苦言あり)

ニコニコ動画は画面上にコメントが表示され、プレイムは画面横、Youtubeは画面下に表示されています。
ユーザとのコミュニケーションの手段としては、ニコニコはやはり唯一無二の存在だと思いました。

プレイムのコメントは、Youtubeのようにスクロールを伴わないこと、時間の経過にコメントが追従することから、Youtubeと比較した場合、軍配が上がると感じました。

無料コンテンツ

プレイムはYoutube同様、アカウント作成をしなくても動画が閲覧できるという点は大きいと思います。
「実況が大好きだけれど、毎月540円出すのはちょっと…」という視聴者の方はもちろん、「動画を投稿するのにお金を取られるのか…」という投稿者側にもこれは嬉しい運営体制だと私は感じています。

しかし課題もまだある

α版ということで、現在はまだ許容の範囲だと思っていますが、視聴者をニコニコやYoutubeからユーザを移動させようと考えた場合、以下の対応がマストだと感じました。

  • スマホ対応が急務
    PCから見る分にはあまりストレスを感じません。
    しかし、スマホからサイトにアクセスした場合、「サイト自体が重い」「コメントが見れない」という問題があります。
    近年スマホからの動画閲覧、サイト閲覧が主流になっており、「モバイルファースト」という言葉まで存在するようになりました。
    やはり、プレイム専用アプリの作成等を行い、スマホに優しい視聴環境を作っていくのが今後鍵になるのではないでしょうか?
  • トップページの改善
    サムネイルの表示サイズが大きい、サイトを開いた瞬間にオススメの動画が再生されてしまう。
    こういうトップページ、実況者の身としては「目立つ」という点でとれも嬉しいです。
    しかし、視聴者の視点から見た場合「ウザイ」と取られかねないのも事実です。
    コンテンツホルダーも大事ではありますが、あくまで「視聴者目線」でのカスタマイズを期待したいです!

今後に期待!

まだ始まったばかりのサービスということ、そして「実況者の声を反映する」というトレンダーズ様はおっしゃています。

つまり、「今からみんなの声で実況専門サイトを作っていける」ともいえるのです。
実際使っていて、「こうしたら使いやすくなる」等の意見を皆で出し合っていくことでよりよいサービスになるのではないでしょうか?

また、ニコニコ動画についてはYoutubeのような「すみわけ」ではない「競合」するサービスが出来たことで、よりよい進化を遂げて頂きたいと思いました!

以上、また気がついたことがあればレビューしていきたいと思います!

 - recogの活動報告, レビュー