「フリーランスって生き方どうなのかな?」と思った件

      2016/04/15

Unsplash / Pixabay

先日は雪が降りましたね~。
関東のサラリーマンの方々は出社大丈夫でしたか?

私は満員電車で死んでました

んで、電車に挟まれながら思ったんですね。

「フリーランスになったら楽なのかなぁ…」と。

なんでフリーランスやねん

そう思ったのも致し方なし。
会社の先輩が会社を辞めてフリーランスでSEやってるんですね。

以前話を聞く機会がありまして、感想を聞いてみたんですよ。
「フリーランスってどうなんですか?」と。

その答えは「会社員よりはずっといい」だったんです。

先輩がいうには

  • 作業時間、待遇等は会社の営業が勝手に決めるのではなく、自分で交渉できる
  • 今まで会社に中抜きされてた分のお金が自分に入る
  • 合わないような作業場であれば、契約期間終了後に違う会社へ売り込みをすればいい

だそうです。

3.については雇われSEの場合「会社を辞める」という手段しかありません。
職歴に傷をつけず環境を変えることが出来るのはフリーランスの特権だと話を聞いていて感じました。

「あれ、フリーランスってありなのか?」と今更ながらに思ったのですが、サラリーマンをずっとやってきた私にはその実態が全然わかってないことが同時にわかりました。

フリーランスってそもそもどうやって生活してるんだ?

「フリーランス」という言葉は知ってますが、その働き方のイロハすらわからないと気づきました。

そもそも年金は?
確定申告は青色でいいの?
福利厚生はどうすればええのん?

知識がなさ過ぎて笑えて来るレベルですよ、ええ。

で、色々情報探したんです。
そしたらフリーランスのための転職サイトがありました。

疑問点だったことに対するまとめ記事がたくさん掲載されていましたわ!(お役立ち情報の部分)


  • フリーランスの開業方法
  • フリーランスの加入できる健康保険
  • フリーランスが負うリスク

フリーランス、感覚的には動画投稿者としてお受けしたような仕事のやり方に酷似してましたね。
ここ数年、私も確定申告してますし。

調べて上で言うならば、リスクをしっかり理解し、「メリット>リスク」に出来る自信があればフリーランスという生き方も全然ありだと感じました。

妻子持ちですからリスクをとるのにはそれなりにしっかりとした中長期的なプランを練らないといけません。
今すぐってのは無理ですが、スキルが身について見通しが立てば私も挑戦できるかな!?

子供のためにも露頭には迷えんので、「石橋にミサイル打ち込んでわたる」レベルで検討しないと…

そんな戯言でした。
ではでは。

 - 日記