防音室「VERY-Q」の使用感、メリットとデメリットについて書きます

      2016/07/21

2nd Staff様より発売されている簡易防音室「VERY-Q」を導入して3ヶ月ちょっと経ちました。
その使用感をレビューしてみたいと思います。

VERY-Qの製品サイトはこちら

VERY-Q画像

VERY-Qの防音性能ってどれくらい?

私が部屋で歌った場合、VERY-Q内に入った場合で騒音計測をしてみました。

場所 dB 音量差(dB) 音の感じ方
デフォルト 71 0 騒々しいオフィス
VERY-Qに入った状態(同じ部屋) 53 -18 静かなオフィス
VERY-Qに入った状態(隣の部屋) 42 -29 静かな図書館

 

なんと、壁一枚挟んだお隣の部屋に行くと、約-30dBの音量差になっています!
簡易防音室といえど、この防音性能はすごいです。

妻に確認したところ、Very-Qの中で大声で話していた場合でも、隣室では「何かしゃべってる?」くらいの音まで軽減されているのだとか。
※私のしゃべる声がでかすぎでした。65dBとかありましたよ…。

VERY-Qのメリット

導入時、導入後で感じたメリットとしては以下のようなものがあります。

  1. 本格的な防音室より安い
  2. マンションに導入しても問題にならない
  3. 自室で全て完結する

1.本格的な防音室より安い

ちゃんとした防音室を購入しようとした場合、新品なら120万円くらい必要になります。
それに対し、VERY-Qの導入時にかかった費用はその1/6、20万円でした。

決して安くはないのですが、この価格帯できちんと防音性能が出せているのは正直すごいなと感じますね。

2.マンションに設置しても問題にならない

本格的な防音室は重量もかなりあり、賃貸物件に導入する場合、大家さんに許可をとらなくてはいけないケースがあります。
それに対しVERY-Qは男一人で組み立てたり、分解したりして移動させることができる程度の重量しかありません。

このため、大家さんに許可等を取ることなく、部屋に搬入して利用することが出来ました。
「防音室導入したい」と大家さんに許可を取りに行ったときにうっかり重量とか言うと問題になったりするので、賃貸住まいとして助かりました。

3.自室で全て完結する

今まで私は歌の収録を行う場合、レンタルスタジオを利用していました。
レンタルスタジオはもちろん広いし、いい音で録れるしで文句なしです。

しかし、「予約できるかできないか」で大分泣かされました。
予約がとれなかったり、取れたとしても深夜の時間帯だったり…。

VERY-Qを導入し、昼間であれば近所迷惑にもならない防音性能とわかってから、家で収録をするようになっています。

これにより時間的な制約と、物理的な制約の二つから解放されました。

  • スタジオの予約に左右されず録音ができる
  • 録音機材を持ってスタジオへ行く必要がなくなった

特に録音機材をもってスタジオに行かなくなったのはめちゃめちゃでかいです。
録音して帰宅した後、ノートPCにある録音データをメインPCへ転送する作業は本当に苦痛でした。
その作業も家であればメインPC上で録音もミックスもできます。
これはすごく快適です、最高です。

VERY-Qのデメリット

VERY-Q内で作業をしていると、やはり不満点も出てきます。

狭い

VERY-Qの中の空間は91cm x 91 cmの面積しかありません。
つまり、机を持ち込むにも狭すぎるわけです。
歌の収録だけでなく、生放送やゲーム実況もVERY-Q内でやっている僕としては、この狭さが厳しいと正直感じています。

いや、VERY-Qを買い足せば全て解決する話なんですけどね!!
拡張できるというのもVERY-Qの強みなのです!

音がすごくデッドになる

すごく「こもった」感じの音になります。
これは吸音材という性質から、VERY-Qが音を吸い過ぎて、反響音がなくなっているために起きているのではないかと思っています。

こもった音の対処方法

僕はこの問題の対処として Waves の TrueVerb を利用して部屋鳴りを足しています。

TrueVerb

プリセットの「Studio B」を選択して、うーーーーっすらとかけてやるといい感じの音になるんですよね。
更にミックスで他のリバーブをかけるようにしています。

持っててよかった・・・Waves Gold!

深夜には使えない

防音性が高いとはいえ、隣の部屋には減衰した音が漏れます。
(収録中、隣にいる妻が証言しているので間違いない)

使えるのはお昼の時間帯のみと考えるべきでしょう。

暑い、とにかく暑い

密閉されている空間なので、空気が薄いだけでなく、暑いです。

夏場は30分入っていられればいいくらいです。
むしろ30分でも死にかけます。

総評:使い勝手良し!

僕のように休日だけ趣味で歌いたいという方にはぴったりな防音室なのではないでしょうか?
気になった方は、神田にある宮地楽器さんへ見学に行くと良いかもしれません。

スタッフの方が丁寧に、そして親身に相談にのってくれますよ。

世の中には他にも防音室がたくさんあります

気になった方は、こおろぎさんのブログもチェックしてみてください。
防音室を作りたい方のためにうちの防音室のスペックとか費用とか設計図とか道具とか色々書いてみます

それでは、また。

[追記] 購入したVERY-Q情報

Twitterにてご質問いただいたので、私の購入したVERY-Qの型番と内訳を記載いたします。

品名 数量 定価 単価 小計
VQP910 Boothset Short※ 1 168,000 176,421 176,421
扉周り用防音マジックテープセット 1 9,505 9,505 9,505
小計 \185,926
税込み \200,800

 

※本来のVQP910 Vocal Boothset のフードを特性の防音ボードに変更した宮地楽器様のカスタマイズ版です。

 

 - レビュー